クラウドセールスと他社サービスとの違いと利用者の口コミまとめ

「クラウドセールス(Crowd Sales)」は、株式会社アイドマ・ホールディングスが提供する営業支援サービスです。AIとクラウドソーシングを活用した次世代型営業スタイルとして、4,300社を超える支援実績があります。この記事では、クラウドセールスと他社サービスの違い、導入企業の口コミについて調べてみました。営業支援会社を検討している方はぜひご一読ください。

クラウドセールスのサービスは他社と違い、長期的な視点
クラウドセールスと他社サービスとの違いは、営業活動における「すべての工程を長期的にフォローできる」ことです。他社のアポ代行会社や営業支援会社とクラウドセールスの違いは下記のとおりです。

【他社】

  • アポイント取得までは行うが、取得後のフォローはない。
  • クライアント側で部分的な作業が発生する。
  • アポイント取得における結果の分析や改善がない。
  • 受注に関する支援はないため、自社で行う必要がある。

【クラウドセールス】

  • 初回のヒアリングだけで営業活動のPDCAサイクルを回し、【アポイント獲得の成功パターン】を確立する。
  • アポイント訪問後は、クラウドワーカーがクライアントの営業担当に連絡し、結果を営業支援システムSFA(Sales Force Automation)に入力代行する。→営業のPDCAサイクルが回る仕組みを作る。

他社サービスでよくある悩み

営業代行サービスを使っていて、このような悩みや課題はありませんか?

成果報酬型営業代行が全然活動をしてくれない

成果報酬型の営業代行会社に依頼をしたものの、全く活動をしてくれない。
クラウドセールスは、ターゲットに合わせて5種類の営業手段を活用してアプローチを実施します。電話のみのアポ代行会社とは異なり、電話・メール・フォーム・DM・レターなど、多種類のアプローチを活用します。

アポイントの質が悪く、成約につながらない

いくら架電をしても、成約につながる電話でなければ意味がありません。
クラウドセールスは、上記の5種類の営業方法で成約につながるアポイントを取得します。

アポ代行のアプローチ改善が行われているか不明

アポ代行会社が実際に行っているアプローチ方法の詳細がわからず、問題点が改善されているのかわからない…。
クラウドセールスは、商談後にクラウドワーカーが商談状況をヒアリングし、自動的にアプローチ方法を変更します。アプローチのネックになっている部分をAI(人工知能)が自動抽出し、自動改善を実施します。

クラウドセールス利用者の口コミは良い?

それでは、実際にクラウドセールスを導入している企業の口コミを見てみましょう。

株式会社G

ゴム製品の製造・販売を行っています。
昔からの取引先に依存する経営体質で、 工場の生産能力をフルで活かせていない状況を踏まえ、 余力部分で新たな収益源を作っていきたいという課題がありました。
商談中に製品仕様の確認を確実に行えるよう、資料を刷新しました。結果として、5ヶ月間受注0社から、施策実施後3ヶ月で6社受注を獲得しました。その後も営業資料の改善を続けています。

株式会社F

システム開発を行っています。
見込み客を増やす施策を打ちたいが、具体的な施策案が思いつかないという課題がありました。
ICT補助金を切り口とした資料送付により受注数増加し、見込みから確実に受注を上げることができました。

株式会社K

店舗デザインを行っています。
自社でほとんど営業を行っておらず、売上が減少していました。また、一度訪問した会社に、その後の連絡をしていなかったという課題がありました。
そこで、一度訪問した会社にフォローコールを行いリードナーチャリングの仕組み作ったところ、導入後214%の売上が生まれました。受注の機会が来るまでしっかりフォローを続けるという再現性のあるフローを構築したことが、今回の成果につながったと考えています。

以上、導入企業3社の口コミを見てみました。
個々の課題の洗い出しから分析を行い、企業に合った施策を実施することで受注率アップにつながったことがわかりました。企業の営業活動を効率化し、従来個々で行っていた営業活動をアウトソーシングすることで、結果として企業の発展に貢献することが可能になります。

まとめ

クラウドセールスと他社サービスとの違いは、営業活動におけるすべての工程を長期的にフォローできることにありました。

  • 電話以外にも数種類のアプローチ方法を駆使してアプローチ。
  • アプローチを行う中で【アポイント獲得の成功パターン】を確立。
  • クラウドワーカーが受注に関するフォローを行い、営業のPDCAサイクルが回るようにする。

このように営業活動を一括して委託できることで、企業の営業活動を効率化し、企業の成長に貢献することができます。
クラウドセールスを実際に使ってみたい方は、無料トライアルもありますので、ぜひ一度お問い合わせください。